サポートセンターピュア理事長のblog 『私たちは発達障害の方々と地域がつながりあう社会を実現します』  

自閉症・発達障害のある方々の、乳幼児期、学齢期、成人期のライフステージをつなぎ、生涯において、特性に合わせた必要な支援が途切れることのないように、一貫した支援体制の構築を目指します。

3月25日と26日の二日間、川崎医療福祉大学が毎年年度末に開催されているTEACCHトピックセミナーに参加してきました。

今年のテーマ「ほんものの支援とは」は、元川崎医療福祉大学教授の寺尾先生の発案でした。

『自閉症の方のハッピーな人生のためには何が必要か。テクニックや上辺だけの成功例にとどまらない“リアリティのある支援”の実践例を出し合う。それらを全国に発信していかなければ自閉症の方々を救えない』

約1年半前に札幌で、寺尾先生と、おしまコロニー星が丘寮の施設長中野さんにお会いする機会があり、そう強くおっしゃる寺尾先生に深く共感したことが始まりです。そこから企画立案のために、寺尾先生、中野施設長、ピュアとで話し合いを重ね、寺尾先生が、川崎医療福祉大学准教授の諏訪先生に話を持ちかけて下さり、実現することができました。

セミナー1日目の午前、門眞一郎先生による基調講演「あらゆる支援の基礎となるコミュニケーション支援」では、理解コミュニケーション支援に偏っている現状がある。表出コミュニケーションがいかに重要か。障害特性に対する知識不足、問題行動への対応に対する技術不足の結果、障害者虐待や行動障害が起きている、とズバッとおっしゃっられたことが非常に印象に残りました。

午後のシンポジウムでは、
3つの話題提供
1,早期療育について
2,強度行動障害のある方の地域支援
3,自閉症の方々の成人期の暮らしを支える
のテーマでそれぞれ実践者からの報告があり、寺尾先生がコーディネーターを務められてディスカッションが行われました。

寺尾先生から会場に向けたまとめのコメントでは、
・自閉症の支援は昔と違いだいたいどのようにすればいいのか分かってきている。だからこそ、それぞれの地域で切磋琢磨し培った支援のアイデアを出し合い共有していくことが大切である。
・強度行動障害はなぜつくられるのか、自閉症の方が人生の最後に幸せだったと思えるのか、そこをもっと議論していかなければならない。
・スタッフの育成が大事。スタンドプレーじゃなくチーム形成が必要。
・これ以上不幸な自閉症の人をつくらない。
と力強くおっしゃられました。

二日目は3つの分科会が開催されました。
「就労を考える」「生活を考える」「教育を考える」のライフステージ別に3つの課題に分けられて、それぞれ2例ずつ実践者による話題提供がありました。
この分科会では、自閉症の方の課題を支えるための画期的な工夫や、綺麗ごとじゃ済まされない本音の部分を出し合った、有意義な分科会だったのではと思いました。

以下は、セミナーの最後に諏訪先生から全体総括としておっしゃられた内容です。

『ほんものの支援の本物とは、答えは一つではなく、探し続けることではないでしょうか。
その答えは、自閉症の方と自閉症のご家族が証明してくれる、子ども達の変化が結果ではないかと思います。私たち支援者は、自閉症の方の学び方の違いを知って教えていくことが重要で、チームを形成し折り合える努力が必要です』
とおっしゃられました。
答えはご本人が出す。この一言に尽きると深く共感しました。

以上が私の感想ですが、このようなセミナーがこれまであったでしょうか。私が過去に参加してきた中では例のない非常に濃い内容だったと思います。

この度の内容は、一回限りで終わるのではなく、今後もより多くの方に知っていただけるよう、機会があれば次は大阪で開催できたらいいなと考えています。

本日4月2日は世界自閉症啓発デーです。自閉症の方の人生が幸せでありますように、これからも日々実践を重ねていきたいと思います。

image


image


川崎医療福祉大学の先生方と、セミナーに登壇された皆様との懇親会記念写真です(皆様大変お世話になりました。本当にありがとうございました)。
image


セミナーに参加したピュア職員との二次会です。
image


2日目、セミナー終了後に先生方と岡山の地ビールを堪能しました。
image


image






子どもすこやか部講演


3月8日、東大阪市子どもすこやか部からのご依頼で講演してきました。テーマは発達障がいの理解と支援です。
ピュアを設立して11年間、東大阪市の教育行政や福祉行政より講演依頼を受けることが多いです。今回は、市内の保育所や幼稚園に働く保育士さんや心理士さん、行政職員さんに向けての講義でした。子どもの出生率は年々右肩下がりなのに、発達障害児の出生率は右肩上がりだそうです。
幼児期の早期に必要な手立てを講じることで、予後は全然違ってきます。そして特にこの時期は親御さん支援がとても大切です。お母さんに必要な手立ての方法をお伝えして、子どもへの関わり方を変えるだけで、発達障害の子どもの持つ強みが発揮されます。そのようなことを中心に話してきました。

3月1日、早稲田大学教授の梅永雄二先生がピュアに見学にお越しになり、当法人が取り組む就労支援の実際をご覧いただきました。
東大阪市は中小企業の街です。その地域性を活かした障害者の就労の現場を是非見ていただきたいと思い、無理を言いまして、当法人の御利用者の実習や雇用をして下さっている中小企業3社の経営者の方にお集まりいただきました。
また理事の門眞一郎先生にもお越しいただき、一堂に会する貴重な時間を持てる機会になりました。
(株)シンエイの鐘森さん、(株)松下工作所の松下さん、(有)ダイエツオートの泉脇さん、お忙しい中、貴重な時間を割いて下さり本当にありがとうございました。
そしてたくさんのアドバイスを下さった梅永先生、門先生、本当にありがとうございました。
この障害福祉と中小企業との連携を、多くの方に知っていただけるよう、今後も広く発表していきたいと思います。

17021883_1271935682888501_4417619393305878953_n


17098552_1271935699555166_1607020471270417522_n


16864928_1271936106221792_332358148769883177_n


17098432_1271936079555128_4427803413368339846_n


17103785_1271936139555122_3366050879627143864_n


IMG_1969


新年明けましておめでとうございます。
昨年は駆け足で過ぎ去った一年でした。またピュアの経営者としての自覚と決意を試された一年でもありました。
まずはこうして無事に新しい年を迎えることができたことを感謝し、私を励まし支えて下さった皆様に心からお礼を申し上げます。
今年は更にいくつものハードルを越えないといけないですが、ピュアを応援して下さる皆様とともに目標を達成できるものと確信しております。
(写真はお正月に伊勢神宮を参拝してきた時のものです)
本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

15894635_1213253398756730_8478732314314007876_n


15894410_1213253412090062_2218038755068674921_n


15826125_1213253432090060_2642675192881514950_n


15871485_1213253455423391_5846832654617466897_n


15871495_1213253475423389_8454240150531950343_n


15822737_1213253488756721_2070512576885257816_n


17日、当法人理事の児童精神科医 門眞一郎先生のお誕生日会と、ピュアスタッフ忘年会を行いました。門先生のお誕生日が12月なので、毎年忘年会を兼ねて、スタッフ全員でお祝いさせていただいています。

門先生は毎月、ピュアのスタッフ研修とコンサルテーションにお越し下さっています。

これからもピュアのために、また全国の門先生を必要とされておられる自閉症当事者と支援者の方々のために、ご尽力いただきたいと思っております。

image


image


二次会です。
image


12月12日、川崎医療福祉大学にて自閉症特別講座の講師を務めてきました。
一年間25回開催されるこの講座では、国内のTEACCHの専門家や実践者の方々が講師となって、自閉症支援の基礎的知識から実践までを学ぶことができます。
私に与えられたテーマは「発達障害に特化した就労支援」でした。この大学の講座に出させていただく度に身が引き締まる思いです。
写真は、講座終了後に撮らせていただいた、川崎医療福祉大学の諏訪先生と小田桐先生との記念撮影です。

(手ぶれにより見づらくてすみません)
川崎医療福祉大学講座諏訪先生(修正)

このページのトップヘ